オンラインプログラム会員はこちらから

親も子もストレスフリーで過ごせる子育ての3大要素。

こんにちは!小崎まきこです。

 
私が考える、親も子もストレスフリーで過ごせる子育ての3大要素。
 
それは、
 
・子どもの意思を尊重する、まかせる
 
・固定観念を手放す
 
・完ぺきを求めない(自分にも子どもにも)
 
です。
 
もうすぐ3歳になる息子のトイレトレーニング。
 
一般的にトイレトレーニングは、2歳を過ぎた春以降から始めると、子どもも風邪をひかず、親も負担が少ない、なんて言われています。
 

 
我が家の場合、
 
「本人がやる気になったら、勝手に外れるやろ~。それに正直、オムツのほうが行動しやすいし」
 
なんて考えて放置でした(笑)
 

 
息子の場合、2歳8ヶ月で幼稚園に入園することが決まっており、幼稚園ではGW明けから、トイレトレーニングをしてくれるとのこと。
 
じゃあ、子どものプロがいる幼稚園におまかせしよう!
 
周りがトイレに行ってたら、勝手に興味をもってくれるんちゃうかな?
 
そう思っていたら、ほんとにその通りになりました(笑)
 
幼稚園でのトレーニングが始まってからも、家ではオムツで過ごしてたある日、幼稚園からお手紙が。
 
「幼稚園では、もうおしっこの失敗はありませんが、おうちではどうですか?」
 

 
あわてて、息子に
 
「今日から、おうちでもパンツにしてみる?」
 
と聞いて履かせてみたら、その日から家でもパンツに。
 
トレーニングパンツも使いませんでした!
 
数日後には、勝手にウンチもトイレでできるようになっており、私は何もしないまま、トイレトレーニングが完了(笑)
 
寝る時だけオムツです^^
 

 
ちなみに、トイレは全部自分でしてもらっています。
 
フタを開ける→踏み台を設置→補助便座を設置→パンツとズボンを下げる→座って、または立っておしっこ→拭く→流す→手を洗う
 
補助便座や踏み台のお片付け、おしっこが飛び跳ねたら、拭き掃除も自分で。
 
一人でするのはまだ難しいことでも、とりあえずやらせてみました。
 
その代わり、こちらもあれこれ口を出さず、多少のことは目をつぶる。
 
誰しも最初から完ぺきになんてできないしね♪
 

 
チャイルドシートにも2歳になった頃から、一人で乗り降りしてもらってるんです。
 
うちはワンボックスカーなので、考えて登らないと一人では座れない高さ。
 
でも、どうやってそこまで登るか、狭い場所でどうやって体をひねって方向転換するか、頭と体を使う練習になりました!
 
次の妊娠を希望しているママの場合、お腹が大きくなった時のためにも、早いうちから一人でチャイルドシートに乗り降りしてもらう習慣をつけておくと楽ですよー♡
というわけで、
 
・子どもの意思を尊重する、まかせる
 
・固定観念を手放す
 
・完ぺきを求めない(自分にも子どもにも)
 
だいたいのことはこれで、うまくいくと思うな~♪
 

固定観念って、「男の子だから」「女の子だから」「もう◯歳だから」「~~するべき」という、子育てで一番よく耳にするパターン。

 

でもそんな声に、とらわれなくていいよ。

 

子育てって、ホントは子どもが主体で、とても自由なものなんです♡

 
 

LINEのご登録で無料プレゼント!

 
悩みやストレスが絶えない
✅夫や子供にいつもイライラしている
✅感受性が強くて生きづらいと思う
 
というあなたへ。
 
LINEのご登録で、
 
「実践すれば未来が変わる!
潜在意識のウマい使い方10選
 
をプレゼント!
↓ ↓ ↓
 
ぜひお友達になってくださいね!
 
友だち追加
リンクが飛ばない方は
@macokで検索♪(@マークも忘れずに)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください