オンラインプログラム会員はこちらから

仕事と家庭を両立させる3ステップ

こんにちは!小崎(こさき)まきこです。
 
近年ますます共働き家庭が増え、
 
ワーママの負担は一昔前とは比べ物にならないほどになっています。
 
 
そんながんばるママたちへ質問です♪
 
 

仕事と家庭の両立に必要なことって

なんだと思いますか? 

それは、めっちゃいいノウハウを見つけることではなく、

自分に合ったやり方を見つけること、です。

 

先日は地域の再就職支援センターで、 

「仕事と家庭の両立」

についてマインドセミナーを担当させていただきました。 

 

すでに働いておられる方も、 これからという方もいらっしゃいましたが、

みなさんやはり気になるのは 、

 

「どう両立するか」 

 

でしたね! 

 

 

私も起業当初いちばん頭を悩ませたのが、

仕事をする時間をどうやって捻出するか?

ということでした。 

 

基本自宅で仕事をしているのですが、

以前は家事育児に時間をとられ、 自分の仕事時間は夜中・・・という日々。 

 

それを解消するために、いろんな本を読んだり、人に聞いた方法を実践してみたり、

ネットで情報収集したりして、とにかく

「両立するために有効そうな方法」

は一通り試しましたね。

 

でもワンオペ育児のため、休日も息子と二人きりのことが多く、

両立といっても気持ちがしんどくてついていかず^^;

 

当時のわたしはいきなりノウハウを追い求めるという重大なミスをおかしたのですが、

実はノウハウにたどりつくまえの重要なステップがあるんです!

 

それは、

1.まず自分のことをよく知る

 

2.求めている「両立」のイメージを具体的にする

 

3.自分に合っているノウハウを見つける

ということ。

何を当たり前のことを言ってるの?と思うかもしれませんが、

これだけ家庭と仕事の両立に頭を悩ませるお母さんがたくさんいるということは、

「誰がやってもめっちゃうまくいく方法」

は確立されてないということです。

 

だからまず、「自分をよく知る」ことから始めて、

いろんな方法を手当たり次第に試すのではなく、狙い撃ちでいきましょうということです。

結局マインドかよ~と思った人すみませんw

 

なんのこっちゃわからん!という人のために、もう少し詳しく説明しますね。

 

例えば、ダイエットにしても、同じ方法でもうまくいく人がいれば、

うまくいかない人もいるわけです。

 

それはその方法がダメなわけじゃなくて、

「合う人もいれば、合わない人もいる」

というだけのこと。

 

ダイエットがうまくいかなかった場合、

「なぜその方法でうまくいかなかったのか?どこが自分に合わなかったのか?」

を分析することができれば、改善点が見えてくるものですが、

 

「このダイエット法が悪い!」

で切り捨ててしまうと、時間とお金の無駄に終わってしまいます。

「仕事と家庭の両立」も同じです。

 

時間の使い方、タスクのこなし方、手を抜くところかけるところのメリハリ、

子供との関わり方、家族の協力、職場のポジション、自分の器用さ・・・

 

いろんな要素が複雑にからみあってはじめて、

「仕事と家庭が両立」できるわけです。

 

どんなやり方が自分に合っているかも、優先順位も人によってさまざま。

 

仕事と家庭を両立したいなら、

すべきことはまず自分をよく知ること。

 

 

またあなたの考える「両立」とは、どういう状態なのか、ということも大切です。

 

仕事と家庭はどのくらいの割合ですか?

どういう状態なら両立できていると思えますか?

 

その具体的なイメージを家族と共有しないと、協力してもらうことは難しいといえます。

 

まきこ

自分で漠然と設定した両立というゴールに向かって、家族を巻き込むだけのトラブルメーカーになっちゃいますよ~!

 

この1と2をしっかり見極めていくことが、自分に合った最適なノウハウを見つけるコツになります。

1.まず自分を知る

 

2.求めている「両立」のイメージを具体的にする

 

3.自分に合っているノウハウ

 

仕事と家庭を両立したい!と思ったら、

ぜひこの順番で考えてみてくださいね!

 
 

LINEのご登録で無料プレゼント!

 
悩みやストレスが絶えない
✅夫や子供にいつもイライラしている
✅感受性が強くて生きづらいと思う
 
というあなたへ。
 
LINEのご登録で、
 
「実践すれば未来が変わる!
潜在意識のウマい使い方10選
 
をプレゼント!
↓ ↓ ↓
 
ぜひお友達になってくださいね!
 
友だち追加
リンクが飛ばない方は
@macokで検索♪(@マークも忘れずに)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください