ノートカウンセリングをする時に大切なこと

Pocket

マインドセラピストのこさきです。

前回お伝えしたこちらの記事。

この「ノートカウンセリング法」がなぜ効果的なのか?ということをお伝えしますね。

人は何かモヤモヤが発動した時に、

感情と行動を一緒に解決しようとすると失敗します。

具体的に言うと、

モヤモヤ発動

  ↓

【感情】あー、腹たつわ~!凹むー!悲しかったな~etc

  ↓

【行動】あー!どうしたらいいんやろ。どうすればよかったんやろ。

  ↓
わからん!モヤモヤ・・・

という流れで、だいたいモヤモヤしますよね。

この感情の部分をそのまま放置して、最善の行動が何なのかを考えるから、ややこしくなるんです><

まず、感情の部分を癒やしてあげるのが先!

「あー、そうだよね~腹がたったよね~、悲しかったよね〜、凹むよね〜」

と、いったん自分の気持ちを受け入れたあとで、

「なんでそんな気持ちになったんだろう?」

と、ノートカウンセリングで俯瞰して見る必要があります。

 

で、気持ちが十分に癒えて、フラットな状態になったところで、どうしたらいいのか、どうしたいのか行動を考える!

これもノートを使って、考えることができます。

こっちは、セルフコーチングって感じかな。

これ、癒やされない感情のままで、行動を考えようとすると、たいていロクな発想しか生まれません(笑)←実体験

なので、何かモヤモヤが発動した時には、

1.まず感情を俯瞰的にとらえて癒やす(見つめる)

2.フラットな状態になってから行動を考える

の順番で考えてみてくださいね!

そうすれば、ノートカウンセリングは最強なあなたの味方になってくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください